アシックスの転職情報


本記事では、大手総合スポーツ用品メーカー「株式會社アシックス」の転職情報についてご紹介します。

転職市場では、アシックスの案件は「新卒の會社のイメージでした」「スポーツ経験がないと入ることができないのでは…?」などの反応をされることがあります。

しかしアシックスでは近年、中途採用を積極的に行っています!

募集職種や面接のポイント、給與制度などをご紹介しますので、アシックスへの転職を検討している方は是非參考にしてみてください。

アシックスってどんな企業?

アシックスは、アスレチックスポーツ事業?スポーツライフスタイル事業?健康快適事業など様々な事業を展開している、日本を代表するスポーツ用品メーカーです。

また、売上高の80%が海外売上など、日本以外に北米、歐州、中華圏、オセアニア、東南?南アジア、その他(南米?韓國)様々なエリアでグローバルに展開している會社です。

世界でシェアが第3位になれるようなカテゴリーにフォーカスをし、様々なスポーツに関わる製品を開発?販売員しています。

企業情報について続きはこちら →

アシックスの転職情報の概要

アシックスの募集で出ている主な職種

以下は、2020年9月時點で募集が確認できるアシックスの職種です。

  • (本社勤務)経理マネージャー
  • (渋谷オフィス)Apparel&Equipment prosuct Marketing Specialist(商品企畫&MD)

コロナの影響もあり公開求人は現在少なくなっていますが、過去には下記職種も募集していました。

  • (本社勤務)人事
  • (本社勤務)法務
  • (渋谷オフィス)マーケティングポジション
  • (渋谷オフィス)VMDポジション
  • (渋谷オフィス)HRマネージャーポジション(グローバル人事)
  • (渋谷オフィス)デザイナー

ここ數年は本社採用は少し落ち著き、オニツカタイガー事業部がある渋谷オフィスでの求人がメインとなっています。

アシックスの年収?福利厚生

アシックスの有価証券報告書によると、2019年度(2020年12月期)の平均年収は768萬円です。

國稅庁「民間給與統計調査」によると、2019年度の日本の平均年収は441萬円です。

アシックスの過去5年(2015年?2019年)の平均年収718.0萬円は平均を250萬円以上上回る高水準です。

口コミを徹底比較をしたところ、30歳までは比較的年功序列要素が強いが30歳以降は

年齢関係なく能力主義で昇進していくケースが多いとの意見が多く見られました。

下記、過去求人サイトや自社HPに掲載された求人情報から役職ごとの年収レンジです。

  • 係長:約780萬円~845萬円 
  • 課長:約1025萬円~1135萬円
  • 部長:約1185萬円~1420萬円

福利厚生に関しては、上場企業らしくかなり整った印象を受けられる満足度の高い制度設計となっています。

下記が詳細となります。

【就業環境】

フレックスタイムや在宅勤務が推奨されており、実際に日常的に活用している社員も多いようです。

その他「ゆう活」と呼ばれる早めに仕事を終え仕事終わりの時間を自由に使うという制度があり、同僚とスポーツ観戦に行ったり様々な形で活用されています。

【休暇制度】

産前産後休暇や、子供が2歳になるまで取得可能な育児休暇などはもちろん、最大1ヶ月まで取得可能なならし保育休暇、育児短時間勤務制度なども整備しています。

また、スポーツ商品メーカーらしいスポーツへの參加や家族や知人の參加同行、イベント支援などに利用できる「スポーツ休暇」などもあります。

その他

他にも、獨身寮制度など食堂完備(本社のみ)など様々な制度が整備されています。

アシックスの福利厚生は、制度の充実はもちろん活用例も多く、長期就業できる制度?運用環境です。

アシックスが求める人物像

下記、アシックスの公式HPにアシックスが求める人財像として記載されている內容です。

  • 新たな目標を主體的に設定し、達成するまで諦めずに粘り強く取り組める人
  • 顧客が求めているもの以上を常に提供し、強固な信頼関係を築こうとする人
  • スポーツに対する興味がある人

上記の「求める人材」から窺える、アシックスが求める人物像の要素は下記となります。

  • 誠実な方
  • チームワークを大切にする方
  • チャレンジングな方

オニツカタイガーに配屬のポジションは下記も重視されます。

  • ベンチャーマインド

上記に羅列した通り、メーカーならではの「誠実さ」「チームワーク」、そしてアシックスの社風でもある「チャレンジ」が求められます。

またオニツカタイガー事業部は2018年よりカンパニー化された事業部です。

他部署と違いまだ歴史が淺い組織のため、「ベンチャーマインド」が求める人物像に必要な要素です。

アシックスの年収情報について詳細はこちら →

アシックスへの転職活動の攻略のために知っておくべきこと

アシックスの転職難易度は?面接のポイントは?

アシックスの転職難易度は…「高い」と言うことができます。

DODA転職人気企業ランキング2020では127位、メーカー(素材?化學?食品?化粧品?その他)というカテゴリーでは15位とかなり高い順位です(スポーツ用品業界であれば1位となります)。

求人も1名枠のものが多く、応募數?ライバルも多いため競爭率が高く、転職難易度が高い會社と言えます。

下記は、厳しい競爭を勝ち抜くための面接ポイントです。

  • 會社?ブランド理解
  • 応募職種への理解
  • グローバルでの経験

即戦力採用が大前提のアシックスの中途採用は、ブランドや會社の方針のもと、組織を見て補いたい知識や経験を応募職種の応募時必須事項にします。

また、日本がGHQ(グローバルヘッドクオーター)として海外を取りまとめていく役割を擔っているため、グローバルでの経験はとても重要なポイントと推定できます。

そのため、下記ステップでの面接対策をおすすめします。

STEP① どういう方針のもと募集することになったのかという募集背景である「會社?ブランドの理解」

アシックスの公式HPの【投資家情報→IRライブラリー→決算説明資料】から見ていただくと、各ブランドの動きや會社の方向性が分かりやすいかと思います。

STEP② 応募職種への理解

基本的には求人票を読んでいただく以外には方法はないのですが、人材紹介などのサービスを利用している方は擔當コンサルタントに「採用背景は?」「組織構成は?」と訊くと、情報が得ることができます。

STEP③ グローバルでのご経験

グローバルでのやり取りの経験をお持ちの方は、どのように海外とやり取りして具體的にどのようなことをしたか、エピソードの深掘りをしてご準備ください。

即戦力採用のため、自身がどのような経験をしていて、アシックスに入社するとどのようなことができるのかを適切にアピールすることが大切です。

しっかりと面接ポイントを押さえてご準備ください。

アシックスへの転職を成功させるためには?

平均給與も業界平均より高く、グローバルの本社機能を擔う経験ができる同社は、転職市場でも人気です。

厳しい倍率を勝ち殘りアシックスへの転職を成功するには、自身の経験に合わせてどのようなツールを利用するかもとても重要となります。

自身に合った転職活動を行い、ぜひ転職成功していただければと思います。

アシックスへ応募する方法

①求人サイトを利用する

求人サイトは転職市場で1番主流な転職ツールになります。

2020年9月時點では、アシックスは求人サイトでの大々的な募集はしていません。

応募數を制御することができない求人サイトは、人気企業は避ける手段である一方、シークレット求人という登録者のみ見ることのできる求人サイトサービスもあります。

そのため、もし登録されている場合は、マイページの求人検索より「アシックス」と入れて求人が存在しないかご確認ください。

②転職エージェントを利用する

転職エージェントでの求人は非公開求人が多いため件數が確認できませんが、2020年9月時點で転職エージェントdodaでアシックスの求人の取り扱いが1件確認できます。

応募條件をエージェントに伝え事前スクリーニングできる転職サービスは、人気企業から人気のサービスです。

また非公開求人なども掲載しやすいため、戦略上公にできないポジションなどシークレット求人も多いサービスです。

転職のアドバイスや詳細の情報なども得やすいため、経験に少し自信がない場合や面接対策などのサポートサービスの充実を求める場合は、転職エージェントへのご登録をおすすめします。

その他アシックスは英語を必須條件としている求人も多いため、外資系特化型エージェントやスカウト型サービスへのご登録もおすすめです。

③直接応募する

アシックスは公式HPにて直接応募も受け付けています。

応募方法は、【現在出ている求人に応募する方法】と【職種絞らず応募可能なキャリア登録】と二つの方法があります。

【職種絞らず応募可能なキャリア登録】の場合は、職務経歴書をアップデートいただき、その內容を基に、適したポジションがある場合はアシックス側から個別にオファーが來ます。

経験に合わせてまだ顕在化していない案件のオファーが來る可能性もあるので、自身の経験が活かせる求人がない場合は長期的な視野でアシックス 公式採用HPからキャリア登録をすることをおすすめします。

アシックスへの応募後の流れ、選考フロー

下記が応募の流れと選考フローとなります。

▼ 応募  履歴書と職務経歴書を添付の上、求人から応募してください。

▼ 書類選考  

▼ 一次面接

▼ 最終面接

途中部署によっては選考回數の変更や一次面接と最終面接の間に課題が出るケースもあります。

選考期間は1ヶ月?2ヶ月程の予定ですが、面接官が海外出張で長期不在の場合などは選考に2ヶ月以上かかる可能性もあるようです。

現役社員?元社員の口コミから見るアシックスの評判

アシックスの社風や実際の働き方などを、社員と元社員の口コミを基に徹底分析しました。

アシックスの社風?雰囲気

以下は、口コミに多い社風になります。

  • チャレンジを推奨する社風で風通しが良い。
  • スポーツが好きな方が多いが體育會系の組織ではない。穏やかな社風。
  • 部署によっては伝統を重んじる部分もある。
  • 學閥がなく、飲み會も少ない。

アシックスの社風は、日経メーカーのような穏やかさもありながら、グローバル企業としてのチャンレンジングな環境やプライベートを重視するような雰囲気と推定されます。

アシックスの勤務時間?休日休暇

以下は、勤務時間?休日休暇の口コミです。

  • フレックス制を導入しておりフレキシブルに働くことができる。
  • 殘業管理は厳しく、會社としても36協定への意識も高い。
  • ノー殘業デーには多くの社員が定時には帰宅している。
  • 土曜日出勤は年1回あるだけで、祝日休日出勤はほとんどない。

アシックスの勤務時間?休日休暇は、口コミからも公式HP記載の制度がしっかりと運用されていることが分かります。

アタイムなしのフレックス制度も導入?活用されており、比較的フレキシブルに働くことが可能です。

殘業は15時間程度、給餌湯休暇は土日祝休みとメリハリをつけて働けます。

実際に、年収が下がっても就業環境などを求めてアシックスへの転職を希望される方も多いようです。

アシックスのワークライフバランス

勤務時間や休日休暇の項目でも記述した通り、ワークライフバランスへの満足度は高いです。

下記は口コミで多い內容となります。

  • ワークライフバランスが取りやすい會社。
  • 自由に休みを取れ、家族の都合で休むことに対して寛容な文化がある。
  • 休みも比較的取りやすく、業務の調整さえすれば長期休暇も堂々と取れる。
  • 女性に優しい職場で、上司や會社も子育てに理解がある。

ライフイベントに合わせた働き方に関する口コミも年々増え、女性活躍など長期就業にも取り組んでいる姿勢が見受けられます。

1年間の口コミも全て目を通しましたが、ワークライフバランスへの批判的な意見はほとんど見當たらず、働きやすい會社と言うことができます。

キャリアアップ

アシックスへの転職後のキャリアアップは?

アシックス出身者は、転職市場では市場価値が高い方々となります。

具體的には「能力が高そう」「穏やかで比較的社風に馴染みやすそう」「グローバル経験をお持ちな印象」というような見られ方が多いようです。

アシックスは業界のリーディングカンパニーなので、アシックスでの経験、ノウハウを求めている會社は同業?異業界にも數多く存在します。

思考性に合わせてキャリアアップをすることは充分に可能です。

アシックス出身者のキャリアは?

アシックス在籍されていた方の転職の傾向は、「會社規模が現在より小さい會社に転職し、より裁量権を持つ」と「外資系などに転職し給與を上げる」という二極化している傾向があります。

下記、転職後のキャリア例となります。

  • 同業界で役職者候補として転職 
  • グローバルにサービスを行う日系企業での戦略擔當などへの転職
  • 外資系企業への転職

アシックスでのポジションにもよりますが、製造部や開発部門であれば同業界、営業?管理部門であれば外資系メーカーなどに転職するケースが多いです。

アシックスはBtoB、BtoCどちらもサービスとして行っているので、同業界內だけではなく異業界へのチャレンジできる可能性も多くあります。

アシックスの転職に関わるQ&A

アシックスの転職においてよく聞かれる「スポーツに関わることができるのか?」「転勤」「海外へのチャンス」などの質問にお答えします。

Q1)スポーツに関わる部署に就くことができますか?

A)関わり方にもよりますが、スポーツをメイン事業としているので関わることは可能です。

例外としてオニツカタイガーは「日本発のプレミアムファッションブランド」と掲げアパレル要素が強いため、オニツカタイガーカンパニー配屬の場合はスポーツに関わることができません。

応募時に配屬事業部をチェックしてください。

Q2)海外に行くチャンスもありますか?

A)アシックス公式HPにも記載がありますが、海外に行くチャンスは現在増えています。

希望し、そこに経験がマッチすれば、海外赴任も可能です。

部署によって頻度は変わりますが、GHQとして海外の支社の視察として海外出張もあります。

入社して経験を積み、目標設定時などで自身でアピールしていただければ、海外へチャレンジできる環境はあります。

アシックスに興味がある人にオススメの他の企業

「スポーツ」「海外」「社風」の三つの視點から、アシックスに興味がある方へのおすすめの會社をご紹介します。

美津濃株式會社

大阪に本社を置く、日本の大手総合スポーツメーカーです。

アシックスと比較すると規模は劣りますが、スポーツ事業をメインに行っており募集職種もスポーツ事業に関わる職種が多いため、スポーツに関わる部署に配屬される可能性はアシックスより高いと推測されます。

ナビサイトによると平均殘業時間は4.7時間と、働きやすい環境です。

東証一部上場の安定感のもとスポーツにも関わる仕事をしたい方には、併願をおすすめします。

プロクター?アンド?ギャンブル?ジャパン

アメリカに本社を置く世界最大の外資系日用品メーカーP&Gの日本法人です。

外資系のため英語は必須で、海外と関わるチャンスや海外赴任のチャンスが多いことが特徴です。

そのため、アシックスと比べるとよりグローバルな環境で働くことができます。

給與に関しては非公開となっていますが口コミを徹底調査したところ平均年収は809萬円と、アシックスより40萬円程年収が高いと想定されます。

その分就業環境は平均殘業が40時間程度など、平均15時間のアシックスと比べると少しハードワークになることが想定されます。

グローバルに活躍を軸に転職される方には、社內の外國人比率も高く海外とのやり取り海外赴任なども経験できるチャンスも多いため、併願をおすすめします。

ネスレ日本株式會社

スイスに本社を置く、創業100年を超える世界最大の食品メーカーの日本法人です。

キットカットやMILOなど有名商品などを製造?販売しています。

勤続年數も外資の中では長く、穏やかな社風と働きやすい環境が特徴です。

給與に関しては非公開になっていますが口コミを徹底調査したところ平均年収637萬円と、平均年収はアシックスの方が100萬円以上高くなっています。

ネスレの就業環境は平均殘業時間が1.4時間と少なく、働きやすい環境と言えます。

また、ネスレは男女のバランスの良い組織を大切にしており、子育てに対する支援制度などが充実しています。

女性管理職比率が43%と、アシックスの11%に比べると高く、女性にも様々なチャンスが得やすい環境と言うことができます。

外資系で英語を活かしながらも落ち著いた風土や環境を求める方には、併願をおすすめします。

まとめ

アシックスは、スポーツ用品やOnitsukaTIiger含め様々な領域でグローバルに展開し、業績を伸ばしています。

また、GHQとして海外を司る経験ができる、日本でも數少ない企業の一つです。

年収面も高水準で、若手の役職登用例なども増えてきているので実力次第で高い年収を得ることも可能と推測されます。

口コミからも、福利厚生や働き方、給與面など全ての面において制度が効率的に運用されている印象も受け、おすすめできる會社の一つと言えます。

転職市場でも、同業界內で転職人気企業ランキング1位など転職成功の難易度は高い會社です。

そのため、転職に使うツールなども自分に合ったものを使って対策をしていただき、転職成功に向けてしっかりとご準備いただければと思います。

最終更新日:2020年12月4日

表示準備中

暖暖日本在线观看高清中文-暖暖视频 高清 日本
广元市| 娱乐| 新闻| 广宗县| 外汇| 锦州市| 甘泉县| 行唐县| 南陵县| 武穴市| 门源| 桦南县| 东乡县| 沈丘县| 汝城县| 滕州市| 南城县| 西藏| 临沧市| 涪陵区| 峡江县| 虞城县| 同心县| 和平县|