総合職の年収を徹底解説|給料?初任給手取り?賞與(ボーナス)?各種手當


就職活動生にとって會社を決める重要な要素の一つとして「年収」が挙げられると思います。

會社四季報などに記載の「平均年収」を見ても職種別に記載がないものが多く、自分が一體どのくらいの年収を貰えるのか、気になる方も多いでしょう。

また、総合職と一般職、大卒と高卒など職種や最終學歴で年収が大きく変わるのも事実です。

ここでは、年収の構成要素や業種別での違いなど職種の違いも觸れつつ、総合職の年収を徹底解説していきたいと思います。

総合職の平均年収は698萬円が相場

総合職の平均年収と世の中の平均年収

2020年現在、総合職の平均年収は約698萬円となっています。

これは全産業規模(大企業~中小企業まで)を網羅して、且つ大卒で平均年齢40.5歳の算出結果となります。

毎年國稅庁が発表している『平成30年分 民間給與実態統計調査』によると、日本の給與所得者の平均年収は441萬円となっており、総合職との差は約257萬円となっています。

また、約698萬円は前述の通り全産業規模の総合職かつ大卒の平均年収となっているので、企業規模や最終學歴によっても多少変動していきます。

企業規模別、最終學歴別の総合職の平均年収

次に企業規模別、最終學歴別の総合職の平均年収を見てみましょう。

大企業(従業員1000人以上)の場合

  • 大卒:752.8萬円(平均年齢:40.5歳)
  • 高卒:620.6萬円(平均年齢:38.4歳)

中企業(従業員300~999人)の場合

  • 大卒:725.1萬円(平均年齢:40.5歳)
  • 高卒:601.3萬円(平均年齢:38.4歳)

小企業(従業員300人未満)の場合

  • 大卒:618.1萬円(平均年齢:40.5歳)
  • 高卒:560.0萬円(平均年齢:38.4歳)

上記の一覧比較で分かることは、年収について企業規模に比例して高くなるということです。

また、最終學歴が大卒か高卒かによって約60萬円~130萬円の年収格差が生じることも分かりました。

つまり、日系企業に就職する場合は最終學歴が大卒で大企業に就職することが、年収を多く貰える傾向が高いということになります。

総合職の年収?給料の構成要素

総合職の年収は、「基本給」「仕事給」「各種手當」を合わせた月例賃金と、一般的に年2回支給される「賞與」で構成されていることが基本です。

ここでは年収の構成要素について紹介していきます。

基本給?仕事給などはどうなっているの?

基本給は、一般的には個人の能力?資格(役職)?経験?年齢(年齢加給とも)によって算出される給與のことで、月例基本賃金(時間外手當除く)に占める割合は3割~5割と言われます。

仕事給は、個人の仕事の業績に対する評価や、資格(役職)に対する仕事の評価によって算出される給與のことで、月例基本賃金(時間外手當除く)に占める割合は5割~7割と言われ、最近では基本給に比べ仕事給の方にウエイトを置く企業が増えてきています。

賞與(ボーナス)はどれくらい?

一般的に年間定期給與(月例賃金×12ヶ月分)と年間賞與の構成比は75:25となっており、おおよそ3:1の割合となっています。

つまり賞與が年収の4分の1程度を占めることになります。

企業規模別、最終學歴別の総合職の平均年間賞與額は以下の通りになります。

大企業(従業員1000人以上)の場合

  • 大卒:201.7萬円(平均年齢:40.5歳)
  • 高卒:154.0萬円(平均年齢:38.4歳)

中企業(従業員300~999人)の場合

  • 大卒:184.1萬円(平均年齢:40.5歳)
  • 高卒:135.7萬円(平均年齢:38.4歳)

小企業(従業員300人未満)の場合

  • 大卒:130.5萬円(平均年齢:40.5歳)
  • 高卒:114.4萬円(平均年齢:38.4歳)

上記の一覧比較にて、賞與についても企業規模や最終學歴で差が出ていることが分かります。

また、一部の業種などは年3回以上の賞與支給をする企業や直近の業績を直に反映するインセンティブ型の賞與もあり、賞與については年収に與える影響度合いは大きいことが分かります。

各種手當はどういったものがある?

手當については、大きく「法律によって定められている手當」と「會社獨自で定めている手當」に分類されます。

「法律によって定められている手當」ですが、労働基準法では會社は時間外労働?深夜労働?休日労働をさせた場合には「時間外手當」「深夜手當」「休日出勤手當」を支払う義務があります。

  • 時間外手當:法定労働時間を超えた労働に対して+25%の割増賃金を支払う
  • 深夜手當:深夜22時~朝5時の間の労働に対して+25%の割増賃金を支払う
  • 休日出勤手當:休日の労働に対して+35%の割増賃金を支払う

上記の手當はそれぞれが組み合わさることも可能です。

例えば時間外労働を深夜までやった場合、+50%割増し賃金が発生することになります。

一方で、會社獨自で定めている手當の一例としては以下が挙げられます。

  • 役職手當:役職に応じて支払われる手當
  • 住宅手當:居住場所にかかる費用を補助する手當
  • 通勤手當:通勤にかかる費用を支給する手當
  • 扶養手當:扶養家族の人數に応じて支給される手當
  • 職種手當:営業など外勤が多い職種に支給される手當

上記のように會社獨自のものは様々な手當が存在します。

ただ、最近は夫婦共働きも増えてきたことから、扶養手當を廃止する企業は多くなってきています。

総合職の業種別の年収を見る

冒頭に述べた総合職?大卒の平均年収は約698萬円という數字は全業種合わせた年収となっていますので、実際には業種によって差が生じています。

まず、詳しい業種を紹介する前に、製造業と非製造業という區分で比較してみましょう。

製造業と非製造業、総合職の平均年収

製造業

  • 大卒:770.8萬円(平均年齢:40.5歳)
  • 高卒:635.8萬円(平均年齢:38.4歳)

非製造業

  • 大卒:682.5萬円(平均年齢:40.5歳)
  • 高卒:575.2萬円(平均年齢:38.4歳)

製造業と非製造業の比較は上記になりますが、製造業の方が非製造業に比べて大卒で約90萬円、高卒で約60萬円高いことが分かります。

こうして比較してみると、やはり改めて日本という國は製造業が強い國だということも分かりますね。

次に業種別の総合職の年収を見ていきましょう。

水産?食品業界の場合の年収

初めに水産?食品業界の総合職平均年収を紹介します。

マルハニチロに代表される水産業界、JT?キリン?サントリー?明治に代表される食品業界、就職ランキングでは常に上位に來る業界ですが、平均年収はどのようになっているのでしょうか。

  • 大卒:756.6萬円(平均年齢:40.5歳) ※內、賞與:219.6萬円
  • 高卒:584.4萬円(平均年齢:38.4歳) ※內、賞與:127.3萬円

人気企業ランキング上位の常連である水産?食品業界ですが、全業種平均よりも高い年収となっております。

こういった年収の高さも人気企業の所以なのかもしれません。

繊維業界の場合の年収

次に繊維業界の総合職平均年収を紹介します。

東レ?帝人に代表される繊維業界。

UNIQLOのヒートテックなどのヒット商品のおかげで就職を希望する學生も増加傾向にありますが、平均年収は次の通りです。

  • 大卒:638.5萬円(平均年齢:40.5歳) ※內、賞與:158.1萬円
  • 高卒:449.5萬円(平均年齢:38.4歳) ※內、賞與:117.9萬円

繊維業界は全業種平均よりも下回る年収となっており、年収面のみで言えばその魅力はやや落ちてしまうのではないでしょうか。

化學業界の場合の年収

次に化學業界の総合職平均年収を紹介します。

ノーベル賞受賞で話題となった旭化成?三菱、住友などの財閥系?花王など名だたる企業に代表される化學業界ですが、平均年収は以下の通りです。

  • 大卒:825.7萬円(平均年齢:40.5歳) ※內、賞與:241.8萬円
  • 高卒:732.0萬円(平均年齢:38.4歳) ※內、賞與:192.5萬円

化學業界は全業種平均よりも大きく上回る結果となっています。

また注目すべきは大卒だけでなく、高卒の年収も他業界に比べて高いということが特徴となっています。

ゴム業界の場合の年収

次にゴム業界の総合職平均年収を紹介します。

ブリヂストン?住友ゴム工業などに代表されるゴム業界ですが、平均年収は以下の通りです。

  • 大卒:767.2萬円(平均年齢:40.5歳) ※內、賞與:199.8萬円
  • 高卒:570.5萬円(平均年齢:38.4歳) ※內、賞與:127.1萬円

ゴム業界は全業種平均よりも高い年収となっていますが、年収に占める賞與の割合は少し低い結果となっています。

逆を言えば、その分月例賃金が高いとも言えます。

ガラス業界の場合の年収

次にガラス業界の総合職平均年収を紹介します。

個性的なCMで一躍有名となったAGCに代表されるガラス業界ですが、平均年収は以下の通りです。

  • 大卒:736.4萬円(平均年齢:40.5歳) ※內、賞與:205.7萬円
  • 高卒:551.3萬円(平均年齢:38.4歳) ※內、賞與:116.3萬円

ガラス業界は全業種平均よりも高い年収となっています。

鉄鋼業界の場合の年収

次に鉄鋼業界の総合職平均年収を紹介します。

日本製鐵?JFEスチールなどに代表され、日本の基幹産業の一つである鉄鋼業界ですが、平均年収は以下の通りです。

  • 大卒:674.4萬円(平均年齢:40.5歳) ※內、賞與:137.8萬円
  • 高卒:558.8萬円(平均年齢:38.4歳) ※內、賞與:95.8萬円

鉄鋼業界は全業種平均よりも低い年収となっています。

輸送機器業界の場合の年収

次に輸送機器業界の総合職平均年収を紹介します。

トヨタ自動車?本田技研工業など日本の産業の代表格である輸送機器業界ですが、平均年収は以下の通りです。

  • 大卒:785.3萬円(平均年齢:40.5歳) ※內、賞與:236.3萬円
  • 高卒:513.8萬円(平均年齢:38.4歳) ※內、賞與:138.1萬円

輸送機器業界は全業種平均よりも高い年収となっています。

さすがは日本を代表する業界といったように、年収面も好待遇となっております。

電機業界の場合の年収

次に電機業界の総合職平均年収を紹介します。

ソニー?パナソニックなどこちらも日本の産業の代表格である電機業界ですが、平均年収は以下の通りです。

  • 大卒:787.4萬円(平均年齢:40.5歳) ※內、賞與:198.0萬円
  • 高卒:620.7萬円(平均年齢:38.4歳) ※內、賞與:148.9萬円

電機業界は全業種平均よりも高い年収となっています。

こちらも輸送機器業界と同様に日本を代表する業界といったように、年収面も好待遇となっております。

金融?保険業界の場合の年収

次に金融?保険業界の総合職平均年収を紹介します。

メガバンク?地銀?生命保険などに代表される金融?保険業界ですが、平均年収は以下の通りです。

  • 大卒:735.4萬円(平均年齢:40.5歳) ※內、賞與:201.7萬円
  • 高卒:662.0萬円(平均年齢:38.4歳) ※內、賞與:166.7萬円

金融?保険業界は全業種平均よりも高い年収となっています。

特に、メガバンクは年収面については好待遇となっていますが、AI化が進展する世の中において金融?保険業界の好待遇がいつまで維持されるかはよく見極めた方が良さそうです。

陸運業界の場合の年収

次に陸運業界の総合職平均年収を紹介します。

JRなどの鉄道會社に代表される陸運業界ですが、平均年収は以下の通りです。

  • 大卒:628.0萬円(平均年齢:40.5歳) ※內、賞與:147.5萬円
  • 高卒:469.7萬円(平均年齢:38.4歳) ※內、賞與:73.7萬円

陸運業界は全業種平均よりも低い年収となっています。

意外な結果だと思う人は多いかもしれませんが、データにはJRだけでなく物流會社なども含まれているため、相対的に低くなっていると思われます。

ただ、特に人手不足問題が深刻な物流會社においては、今後は年収面の改善がなされると予想もできます。

情報?通信業界の場合の年収

次に情報?通信業界の総合職平均年収を紹介します。

NTT?KDDIに代表される情報?通信業界ですが、平均年収は以下の通りです。

  • 大卒:729.8萬円(平均年齢:40.5歳) ※內、賞與:192.1萬円
  • 高卒:576.6萬円(平均年齢:38.4歳) ※內、賞與:103.2萬円

情報?通信業界は全業種平均よりも高い年収となっています。

通信業界は安定的で人気が高い企業も多いです。

國內の通信インフラに関しては大きなシェア変動はなく、成長性はあまり見込めない業界ではありますが、情報についてはこれから伸びが期待できる業界でもあるため、相対的には今後も期待できる業界と言えます。

サービス業界の場合の年収

最後にサービス業界の総合職平均年収を紹介します。

日本郵政?旅行代理店など様々な有名企業がある業界ですが、平均年収は以下の通りです。

  • 大卒:696.6萬円(平均年齢:40.5歳) ※內、賞與:180.0萬円
  • 高卒:537.1萬円(平均年齢:38.4歳) ※內、賞與:122.2萬円

サービス業界は全業種平均と同等の年収となっています。

サービス業界は人気企業ランキング常連ですが、意外にもそこまで年収は高くないという結果でした。

前述の通り非製造業に比べて製造業の方が年収は高いということが業種別に見てもお分かり頂けたかと思います。

ただ、紹介した數字はあくまで“平均”ということは注意しておかなければなりません。

また、企業によっても公開しているデータの前提が違うことが多いのも事実です。

例えばある企業では役員?管理職を含めた全社員のデータ平均を示しているものもあれば、一方で役員?管理職を除いた社員のデータ平均を示している企業もあります。

平均年収を見るときは、こういったようにデータの前提が大きく異なる可能性があるということを理解して見なければなりませんので、ご注意ください。

総合職は、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?

ここまでは総合職の平均年収を解説してきましたが、気になるのはやはり平均年収というより、最高でどれくらいまで年収を上げることができるかということだと思います。

結論としては、「どの役職に就くか」ということで大きく変わります。

極端に言えば大企業の社長になればその分年収も高くなります。

日本で一番稼いでいるソフトバンク社長“孫正義”の年収は約90億円とも言われています。

やや現実離れした數字になりますが、大企業社長?役員の年間報酬(年収)は數千萬円~數億円程度になっています。

ただ、社長や役員というのは一握りの社員だけがなることのできる役職でもあるため、現実的な役職前提で解説していきます。

部長の平均年収はどのくらいか?

企業の組織體制によって少し違いますが、一般的には部長職とは役員を除くと會社內の最高役職にあたります。

部長の平均年収は以下の通りになります。

  • 大企業:1159萬円(平均年齢:51.5歳)
  • 中企業:914萬円(平均年齢:51.6歳)
  • 小企業:860萬円(平均年齢:50.3歳)

大企業は平均年収で1000萬円を超えています。

しかも記載の數字はあくまで平均となっており、標準偏差を11%程度と仮定すると大企業の部長職の年収は約1031萬円~1286萬円程度となります。

課長の平均年収はどのくらい?

  • 大企業:913萬円(平均年齢:47.1歳)
  • 中企業:799萬円(平均年齢:46.3歳)
  • 小企業:661萬円(平均年齢:45.2歳)

企業規模別の課長職の平均年収は上記の通りです。

大企業は平均年収で約900萬円を超えています。

また部長の時と同様に標準偏差を11%程度と仮定すると、大企業の課長職の年収は約812萬円~1013萬円程度となります。

係長職の平均年収はどのくらい?

  • 大企業:691萬円(平均年齢:43.9歳)
  • 中企業:576萬円(平均年齢:42.4歳)
  • 小企業:538萬円(平均年齢:40.4歳)

企業規模別の係長職の平均年収は上記の通りです。

大企業は平均年収で約700萬円弱といったところです。

またこれまでと同様に標準偏差を11%程度と仮定すると、大企業の係長職の年収は約615萬円~767萬円程度となります。

高い年収を目指すために

いかがでしょうか。

大企業の部長職となれば大臺の年収1000萬円も見えてきます。

年収1000萬円稼ぐことを目標としている人にとっては、大企業を選択した方が確率的にはチャンスが多いでしょう。

ただ注意して頂きたい點としては、部長職の平均年齢がいずれも50歳を超えているという點です。

多くの日系企業の場合、終身雇用?年功序列の賃金體系を取っていますので、年収1000萬円を超えるのは會社人生終盤期になってからという見方もできます。

20代~30代で年収1000萬円を目指したいという方には日系企業への就職はおすすめできません。

外資系や起業などをした方が可能性としては高くなるのも現実です。

さいごに

ここまで、総合職の年収について企業規模別や業種別という観點で紹介してきました。

想像以上という方、思ったよりも少ないと思った方、それぞれいるのではないでしょうか。

最初にお伝えした通り、一般職や高卒に比べ、大卒で総合職に就くことが年収面では一番有利になります。

年収面だけで判斷するならばそのような判斷をするのがベストではありますが、そもそも大事なことは年収だけでなく、ワークライフバランスの取れた働き方であったり、やりがいの持てる仕事か否かであったり、様々な要素があります。

また、平均年収が高いということは企業のデータによっては時間外労働で発生した時間外手當も加算されているものもあり、長時間労働を強いられる可能性もあることは留意してください。

更に、今回お伝えした內容はあくまで現狀の賃金體系前提の話になりますので、今後世の中が年功序列型の賃金體系ではなく成果報酬型の賃金體系にシフトしていけば、総合職の平均年収なども大きく変わってくることでしょう。

皆さんへのアドバイスとしては、年収が高いという理由だけで総合職を選ぶのではなく、自身の將來の目標(○○のような社會人になりたい)に対してそれを達成する手段としての総合職を選択するような考え方でいてほしいと思います。

仕事でもそうですが、目的と手段をきちんと理解できている人は自ずと評価も上がり、年収も高くなる傾向があると思います。

ぜひ世の中にあるランキングに惑わされずに、本質を見極めて自分自身の成長に資する環境がある企業を選んでいただけたら幸いです。

最終更新日:2020年5月20日

表示準備中

暖暖日本在线观看高清中文-暖暖视频 高清 日本
禄丰县| 平南县| 庆阳市| 四会市| 昌图县| 临沧市| 扎鲁特旗| 南漳县| 永仁县| 布拖县| 泽普县| 日喀则市| 托里县| 上林县| 黄梅县| 黄山市| 兰考县| 梨树县| 鹤岗市| 尼玛县| 揭东县| 固原市| 辰溪县| 平潭县|