年収1500萬円は勝ち組?実際の手取りや稅金、生活レベルをチェック!


日本人の平均年収は420萬円と言われている現代社會。

もっと稼ぎたい、もっと生活レベルを良くしたい!と様々な努力をしたり、転職先を探している人も多いでしょう。

お給料が今よりも倍以上上がれば、一體どのような生活が待っているのか?と想像する人も多いのでは?

そこで今回は、平均年収よりも1000萬円以上上回る年収1500萬円を稼ぐ人の生活レベルと、1500萬円を稼げる企業や職業などをご紹介します。

目指せ年収1500萬円!ぜひ參考にしてください。

年収1500萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?

まずは年収1500萬円を月収で換算してみましょう。

給料についての話をする時、「額面で」というのは総支給額のこと。

基本給に殘業代や交通費、各種手當を全て合わせた金額のことを指します。

総支給額で1500萬円ですから、単純に計算して月収は125萬円程度です。

月収125萬円あれば不自由のない生活が送れると思いますが、実はここから稅金がかなり引かれるので、このまま受け取れるわけではありません。

年収が高くなればなるほど稅金は上がりますし、年収900萬円を超えると所得稅額が跳ね上がるので信じられないほどの金額を納めています。

手取りについては後程ご紹介しますね。

賞與が年間で2ヶ月分含まれる場合

続いて賞與が含まれる場合の月収を額面で見てみましょう。

年間で2ヶ月分の賞與が含まれる場合の月収は107萬円ほどになります。

107萬円×12ヶ月+賞與2ヶ月(214萬円)というわけですね。

こちらもここから稅金が大幅に引かれていきます。

賞與が含まれない場合

サラリーマンではなく経営者であったり個人事業主であったりして、賞與が含まれない場合は月収125萬円が額面の金額になります。

年収1500萬円は、手取りにすると幾ら?稅金は?

年収1500萬円を手取りにすると、1040萬円ほどになります。

かなり少ない金額だと思いませんか。

実はこの年収1500萬円ほどの世帯が一番経済的に恵まれていないとも言われています。

稅金で大幅に引かれ、節稅対策も難しいのがこの1500萬円世帯なのです。

年収から引かれる稅金?社會保険

年収から引かれる稅金?社會保険について詳しく見ていきましょう。

年収1500萬円の所得稅率は33%。総支給額全てに33%の所得稅がかかるわけではなく、総支給額から給與所得控除や所得控除(社會保険控除、扶養控除、基礎控除等)の金額を引いた殘りに33%の稅金が所得稅としてかかります。

以下を參考にしてみてください。

稅金の計算

稅金の計算をしてみましょう。

稅金は先程お話したように総支給額から給與所得控除、所得控除の金額を引いて計算をします。

総支給額1500萬円ー給與所得控除220萬円ー社會保険控除140萬円ー基礎控除38萬=1094萬円

この1094萬円を基本として所得稅や住民稅が計算されるというわけですね。

(注)令和2年より給與所得控除の上限は195萬円、基礎控除は48萬円に変更されます。本文では稅制変更前の數字に基づいています。

所得控除はどのようなものがある?

所得控除は基本的には、「社會保険料控除140萬円」や「基礎控除「38萬円)」があります。

獨身かそうでないかによっても変わる?

結婚をすると配偶者控除を受けられることも多いのですが、年収が1500萬円の場合は配偶者控除はありません。

結婚をしていても、獨身であっても納める稅金は同じです。

年収1500萬円の生活レベル。勝ち組かどうかをチェック!

年収1500萬円ほどになると生活レベルはどのようになるのかをチェックしてみましょう。

先程も少し觸れましたが、年収1500萬円くらいが意外と経済的に大変な世帯でもあります。

しかし生活レベルを決めるのは自分ですから、しっかり節約をしていけば貯蓄も充分にできますし生活に困るというようなことはありません。

扶養家族の有無による生活レベルの違いは?

まずは扶養家族の有無による生活レベルの違いを見てみましょう。

年収1500萬円になると結婚している、していないに関わらず納める稅金は変わりません。

年収1500萬円の獨身の生活レベル

年収1500萬円だと、手取りが月収90萬円ほどになります。

獨身で月収が90萬円あれば充分に高い生活レベルを保てるでしょう。

普通に生活をしていれば一人暮らしであっても月に40萬円は貯金に回すこともできますし、ちょっと贅沢をして外食などに出かけても家計に影響はないレベルですね。

大抵の好きなもの、欲しいものは購入できるレベルだと思って間違いないでしょう。

年収1500萬円の夫婦二人世帯の生活レベル

夫婦が二人になっても生活レベルは変わりません。

家賃や住宅ローンなどが発生して出ていくお金は一人暮らしに比べると大きくなりますが、それでもまだ充分に余裕があるレベルです。

年収1500萬円の子持ち世帯の生活レベル

子供がいると、やはり少しずつ生活レベルを変えなければいけません。

年収1500萬円の世帯であっても、子供が私立の學校に入ったり習い事を始めたりすると、今までと同じようなレベルでの生活は難しくなります。

もちろん子供の成長につれて収入が上がるなら良いのですが、1500萬円のままであればしっかりと考えて貯金をしておかないと意外と家計は苦しくなってしまいます。

地域による生活レベルの違いは?

地域による生活レベルの差は明らかにありますね。

田舎暮らしで年収1500萬円あれば、広い家や車などにお金をかけることも充分に可能です。

若い內に家を購入しておき、ローンを早くに返済してしまうことも可能になるでしょう。

東京などの都會で暮らすと一戸建ての価格は跳ね上がりますし、家賃もどうしても高くなります。

毎月出ていく固定費が大きくなるので、それ以外の出費は少し抑えなければいけなくなるでしょう。

貯金レベルは?

年収1500萬円の人の貯金額は3900萬円ほどと言われています。

30代の既婚家庭の平均貯金額が400萬円ほどとされていますから、かなり高いことが分かりますね。

老後の心配がそこまでいらないという時點で、1500萬円世帯は充分に勝ち組と言えます。

車は持てる?

もちろん車を所持することも可能です。

特に田舎暮らしになると、一世帯で何臺も所持することも全く問題なくできるでしょう。

都心であっても車を持つことができる収入ですね。

年収1500萬円以上で結婚している人の割合は?

年収1500萬円以上で結婚している人の割合ははっきりとした數字はありません。

年収と既婚率のデータを調べてみると年収と比例して既婚率が上がっていくのが、年収1000萬円を境に既婚率が下がるというデータもあります。

実は年収1500萬円を稼ぐ人は、男女共に未婚の可能性も低くないと言えるのです。

年収1500萬円の人の割合は全體の何%?

続いて年収1500萬円の人の割合は全體の何%にあたるのかを見てみましょう。

世帯年収ではなく、一人の人が稼ぐお給料の割合です。

男女比や男女別で見る、年収1500萬以上の人の割合

國稅庁の調べによると、年収1500萬円の人の割合は男性で全體の1.9%、女性だと全體の0.2%、全體で見ると1%程度。

かなり低いことが分かりますね。特に女性は年収1500萬円も稼ぐ人はかなりのやり手と言えそうです。

年代別に見る、年収1500萬以上の人の割合

続いて年代別に見てみましょう。

日本は子育て世代にお金がないと言われがちですが、そのことを象徴するかのような結果となっています。

30代で年収1500萬円の人の割合はたったの0.1%。

40代になると0.5%になり、50代になると0.9%、60代になると0.7%になります。

50代が一番多いことが分かりますね。

年収1500萬円以上の仕事にはどんなものがある?

日本人の平均年収より遙かに高い1500萬円。

気になるのは一體どのような職業の人が年収1500萬円を稼いでいるのかということですよね。

続いては年収1500萬円に屆く職業をご紹介しましょう。

年収1500萬円を稼げる業界例5選

平均的な年収のサラリーマンをしていると、年収1500萬円なんて一體どんな仕事なのだろうと疑問に思いませんか。

羨ましいとも感じますし、自分と比べるのも當然です。

しかし、転職を成功させれば年収1500萬円も夢じゃなくなる可能性もありますよね。

年収1500萬円に屆く業界を見てみましょう。

1.石油?石炭製品

出光興産や昭和シェル石油など私達もよく知っている會社も含まれる、石油?石炭製品業界。

石油や石炭の輸入から流通までを行っている業界です。

平均年収は780萬円ほどですが、年収1500萬円も充分視野に含まれる業界です。

2.鉱業

こちらも石油?石炭製品を取り扱う業界ですね。

石油の開発を行ったり、天然ガスや石油を生産し販売する仕事を擔っています。

3.海運業

名前の通り、海を使った運搬業ですね。

巨大なタンカーで石油などを運んだり、自動車の輸出を行ったりと輸出入を行う際に欠かせない會社です。

中には客船事業などを行っている會社もあります。

4.保険業

誰もがお世話になっている保険業界。

こちらも平均年収が1000萬円を超える會社が複數あります。

保険業界は長く勤めている人が多く、平均年齢も高めなのが特徴。

保険はなくなりませんから、かなり安定した業界と言えるでしょう。

5.テレビ業界

誰もが知るテレビ業界も平均年収はかなり高めです。

しかしテレビ業界は特別な仕事なので、通常のサラリーマンとは違い労働時間がとても長かったり、お付き合いが重要な要素だったりと向き不向きが大きな業界です。

バリバリ仕事をしてどんどん稼ぎたい人に向いている仕事ですね。

年収1500萬円を稼げる職種例5選

次に、年収1500萬円を稼げる職種を例に挙げてみましょう。

気になるものがあれば、転職も視野に入れてみては?

1.醫師

お醫者さんは高収入を得られる職業の代表ですね。

しかし最初から1500萬円を稼げるわけではなく、キャリアを積んでいけば比較的早い段階で年収1500萬円に到達する職業です。

その後の収入の伸びも期待できます。

2.パイロット

航空機のパイロットも高収入です。

専門的な知識が必要な上、パイロットとして働けるようになるまでにかなり時間がかかります。

3.公認會計士

會計士も高収入ですね。

企業に所屬することもできますし、個人で獨立して會計事務所を開くことも可能です。

4.弁護士

會計士と同じく「士業」と呼ばれる弁護士も年収1500萬円を目指すことが可能です。

こちらもキャリアを積んでいけば年収はどんどん上がる仕組みです。

5.テレビ局員

テレビ局で働く局員も高収入が得られる仕事です。

人に見られる仕事でもありますし狹き門を突破しての職業ですから、高収入なのも頷けますね。

平均年収1500萬円を超える會社例5選

次に平均年収が1500萬円を超える會社を見てみましょう。

平均年収の高い會社への転職はもちろん難しいのですが、転職を成功させている人がいるのも事実。

ぜひ視野に入れてみては?

1.ヒューリック株式會社

ヒューリック株式會社は東京を中心とした不動産事業を行う會社です。

不動産業も商業施設やオフィスビルなどを取り扱う會社であれば、年収は高くなります。

2.株式會社ストライク

M&Aという會社の売買を主體に、公認會計士らが中心となって活躍する會社が「株式會社ストライク」です。

全國に事業所があり中途採用も行っているので、公認會計士として働きたい人は要注目です。

3.三菱商事

様々な分野に進出している三菱商事。

身近な生活産業から機械や化學品、エネルギー事業までを行う総合商社です。

國內外に200箇所の事業所を持つ、言わずと知れた大企業ですね。

4.GCA

GCAは株式會社ストライクと同じくM&Aの會社です。

大きな金額を動かすことのできる仕事に興味のある人は、ぜひ中途採用を受けてみては。

5.ソレイジア?ファーマ株式會社

醫薬品や醫療品の開発と販売を行っている會社です。

特にガンに苦しむ人々の助けとなる會社で、世界中で販売を行っています。

未経験からでも年収1500萬円を超える仕事に転職はできる?

年収1500萬円を稼げる職種や會社を見て分かるように、どれも専門的な知識や技術が必要な職種が多いです。

人の命を預かる仕事も多く、未経験ではなかなか難しいのが現実ですね。

しかし、公認會計士などの資格取得は努力次第で可能ですから、一概に難しいとも言えません。

年収1500萬円を稼ぐために必要なことは?

まずは専門的な知識を身につけることが必要です。

特に士業になると年齢は関係ありませんから、一度社會に出た後でも勉強をし直すことが可能です。

どの分野に興味があるのかをよく考えて、勉強を始めるのが第一歩です。

まとめ

今回は、年収1500萬円の手取りや稅金関係、年収1500萬円を稼げる職種や會社についてご紹介しました。

平均年収よりも高いお給料を稼ぐ職種はやはり専門性の高い業界です。

それでも中途採用での入社や、勉強をし直しての入社も夢ではありません。

豊かに生活をしたい!という人は、勉強をし直すのもとても良いことです。

納得のいく収入が得られるよう、一度立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか?

最終更新日:2020年6月18日

関連記事

年収200萬円の気になる生活レベル。手取り?稅金?職業?割合など徹底解説。

年収200萬円の生活はどういう生活なのか、とても気になるところです。まず年収の定義なのですが、一般的なお給料の場合には社會保険料や所得稅、住民稅などが引かれる前の年間の総支給額を指します。年収200萬円は月収換算するとどれくらいになるのか、手取りはどれだけ殘るのか、もし年収200萬円の収入ならどのような暮らしができるのか、知りたい人が多いことでしょう。例えば、派遣社員やアルバイトで1日8時間労働、週5日?6日勤務しているような人が年収200萬円に該當してきます。ただ、正社員で年収200萬円はいないのか、他の勤務體系だと年収200萬円は超えてくるのか等々…どれも知っておきたい情報ばかりです。今回

年収1200萬円の実態。手取り?生活レベル?職業まで徹底解説

高年収の人はどんな生活をしているんだろう?どんな職業で稅金はどれくらい払っているんだろう?そんな風に考えたことはありませんか?知りたくても実際はなかなか聞く機會がなくて分かりませんよね。そこで今回は、年収1200萬円を稼ぎ出す人たちはどんな仕事に就いているのか、生活レベルや稅金などについて解説していきたいと思います。年収1200萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?年収1200萬円は、月収で換算すると額面ではいくらになるのでしょうか?賞與が年間で2ヶ月分含まれる場合年収1200萬円の人が貰えるボーナスは、おおよそ322萬円と言われています。ということは1200萬円 ? 322萬円 = 878

年収100萬円の暮らしとは?手取りは?一人暮らしはできる?気になる生活レベルを徹底解説

皆さんは今の仕事や生活に満足していますか?仕事に対する優先順位は年収の高さ、やりがい、プライベートの充実など人によって様々ですよね!総務省の統計によると、東京都の平均年収は612萬円とされています。年収が612萬円の場合、海外旅行や外食を楽しんだり貯蓄をすることもできるでしょう。では、年収が100萬円の場合はどのような生活になるのでしょうか?平均年収よりもかなり低い年収になりますが、一人暮らしは可能なのか?貯蓄はできるのか?など色々と気になりますよね!今回は、扶養內で働きたい、プライベートを充実させたいなどの理由で年収100萬円の道を選ぶ人たちの生活レベルや稅金のことなどについて、詳しく見てい

年収2000萬円の実態。勝ち組?気になる生活レベルについて徹底解説

高収入に憧れる場合、1000萬円の次に目指すのが年収2000萬円のラインではないでしょうか?毎月の給料の手取りはどのくらいなのか、稅金はどのくらい取られるのか、どういった暮らしができるのかといった、年収2000萬円の実態についてご紹介します。また、年収2000萬円を目指せる業界や職種もご紹介しています。年収2000萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?額面とは會社から支払われる総額のことで、稅金や保険などが引かれる(控除される)前の金額のことです。年収2000萬円の人が1ヶ月に貰う給料は、単純に割ると月収166萬円~167萬円です。賞與が年間で2ヶ月分含まれる場合賞與が年間で2ヶ月分支給され

年収5000萬円の生活実態について徹底解説。手取りや稅金?稼げる職業や割合は?

突然ですが、皆さんの年収はいくらくらいでしょうか?年収5000萬円の暮らしを想像したことはありますか?今回は、知っているようで知らない年収5000萬円の手取り額や職業など、様々なことを徹底解説したいと思います。では早速、項目ごとに見てみましょう!年収5000萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?年収5000萬円を月収で換算すると約416萬円となります。ここから稅金等が引かれる為、この金額が手取り額ではありません。賞與が年間で2ヶ月分含まれる場合では賞與が年間で2ヶ月分含まれる場合の月収はどうでしょうか。この場合の月収は約357萬円となります。この月収に加えて、年間約714萬円の賞與があること

年収900萬円の気になる生活レベルは?稼げる業界や會社まで徹底解説

皆さんの年収はいくらですか?現在の自分の年収に満足していますか?今回は、年収900萬円の実態について徹底解説していきたいと思います。年収900萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?一口に年収900萬円と言っても、支給の方法により月収は変わります。では、いくつかの支給パターンを見てみましょう。賞與が年間で2ヶ月分含まれる場合の年収900萬円の月収換算賞與が年間で2ヶ月分含まれる場合、年収900萬円÷14ヶ月(うち2ヶ月分賞與)=月収約64萬円となります。月収約64萬円に加えて賞與約130萬円が支給されることになります。賞與が含まれない場合の年収900萬円の月収換算賞與が含まれない場合は、先ほど

年収800萬円はどんな生活?気になる貯金や家賃まで生活レベルを徹底解説

國稅庁の平成27年分の民間給與実態統計調査によると、日本人のサラリーマンの平均給與は420萬円との結果が出たそうです。この金額を多いと思うか少ないと思うかは、もともと育ってきた生活環境や家族構成によっても変わってくるでしょう。では、一般的に年収がいくら以上であれば高収入と思われるのでしょうか?年収600萬円以上あれば、ある程度安定した生活ができると言われていますが、誰もが高所得と思うのは年収800萬円以上でしょう。そこで今回は年収800萬円の生活レベルや支払う稅金など、その実態を詳細にお伝えしていきたいと思います。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!年収800萬円を月収に換算すると額面

年収400萬の気になる手取りや生活レベルを徹底解説

年収400萬円は、日本人全體の平均年収とほぼ同じです。年収400萬円は、日本人の一般的な生活レベルを表す年収になるのでしょうか?年収400萬円と言われても多いのか少ないのか、いまいちイメージがわかないことでしょう。年収400萬円を得ると稅金がどうなるのか、手取りはどれくらいなのか、獨身や家族持ちで生活レベルはどうなるのかなど様々な疑問を持つのではないでしょうか。今回は、年収400萬円の実態について色々と紹介していきます。ぜひ參考にしてみて下さい。年収400萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?年収400萬円だけではどれくらいの収入なのか少しイメージがしづらいかもしれません。年収400萬円を月

年収700萬円の手取りや稅金、稼げる職業、生活レベルなど徹底解説。

日本人の平均年収は420萬円と言われている中、年収700萬円はある程度の収入ではないでしょうか。婚活をしている人の多くは、相手に希望する年収の目安が500萬円?700萬円と言われているので、年収が700萬円あれば充分な生活ができるイメージがあるようです。また、年収700萬円だと少し贅沢な生活もできそうなイメージもあります。年収700萬円の収入があると実際にはどのような暮らしでどれくらい手取りがもらえて、稅金がどうなっているのか、どういう仕事をしたら年収700萬円もらえるのかとても気になるところです。今回は、年収700萬円の実態について紹介していきます。年収700萬円を月収で換算すると額面で幾ら

年収600萬円の実態について徹底解説。気になる生活レベルや、実際の手取りや稅金、割合や職業は?

年収600萬円と聞いて、給料が多いと思いますか?それとも少ないと思いますか?日本人の平均年収は420萬円程と言われていますので、年収600萬円は平均を超えています。婚活で相手に望む年収は500萬円~700萬円が多いため、年収が600萬円あると條件は充分にクリアしているように思えます。この記事では、年収600萬円あるとどのような生活レベルでどのようなことができるのか、車は買えるのか、家は買えるのか、など年収600萬円に対して抱く疑問を解決していきます。年収600萬円の実態に興味がある人や、まずは年収600萬円を目指そうと考えている人は是非參考にしてみて下さい。年収600萬円を月収で換算すると額面

年収500萬円の生活の実態は?手取りや稅金、職業まで徹底解説

年収500萬円は一般の平均年収より高く、年収が500萬円?600萬円未満の人は全體の10%程度しかいません。皆さん、年収500萬円と聞くと高い給料だと思いますか?年収500萬円を超えたらある程度の生活ができると考えていますか?実際に年収500萬円あったとしてどのような生活ができているのか、また、年収500萬円と言っても全てのお金が給料として入ってくるわけではありません。稅金や社會保険などで様々な項目で給料から引かれてしまいます。今回、年収500萬円の給料內容がどのようになっているのか、內訳や稅金のこと、年収500萬円貰える業界などについて紹介していきます。參考にして下さい。年収500萬円を月収

年収300萬円の手取り?稅金?割合?仕事など、生活の実態を徹底解説。

年収300萬円は、日本人全體の平均年収より少なく、20代の平均年収よりも少し下回ります。年収300萬円の人の一般的な生活レベルはどのようなものなのか気になる人も少なくないことでしょう。また、稅金がどうなるのか、手取りはどれくらいなのか、獨身や家族持ちで生活レベルはどうなるのかなど様々な疑問を持つことでしょう。今回は、年収300萬円の実態について色々と紹介していきます。ぜひ參考にしてみて下さい。年収300萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?年収300萬円だけではどれくらいの収入か、日本人全體の平均年収を下回るとは言え、そんなに少ない給料なのかどうかは年収だけではなかなかイメージがしづらいかも

年収1000萬円の実態について徹底解説。気になる手取りや生活レベル、稼げる職業は?

年収1000萬円は高年収を望む人にとって、ひとつの目標になる額ではないでしょうか。この記事では、年収1000萬円の人の手取りや生活レベル、職業など解説していきたいと思います。年収1000萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?年収1000萬円と聞くとものすごく高い給料に思えますし、月収換算にしてどれくらい貰えるのかとても気になります。年収1000萬円の額面月収については獨身も扶養家族持ちも同じですが、ここから社會保険や稅金を差し引くと獨身と家族持ちでは手取りが異なってきます。まずここでは、年収1000萬円を月収換算して額面で、つまり稅金や保険料を引いてない額を紹介していきます。賞與が年間で2ヶ

年収3000萬円の手取り?生活レベル?職業?割合?稅金など、勝ち組の実態を徹底解説!

この記事では、年収3000萬円の手取りや生活レベル、職業などの仕事、割合?稅金など、様々な切り口で徹底的に紐解いていきたいと思います。年収3000萬円以上の人たちは、高額所得者の番付にも出てきそうな人たちですね。年収3000萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?年収3000萬円となれば、月給としては幾らになるのかを見てみたいと思います。賞與が年間で2ヶ月分含まれる場合賞與(ボーナス)を含んだ場合の額面金額はどうなるでしょうか?仮に2ヵ月分の賞與をして考えた場合、以下の計算式が成り立ちます。3000萬円(年収)÷ 〔12ヵ月(月給分)+2ヵ月(賞與分)〕 ≒ 214萬円つまり、月収額面が200

表示準備中

暖暖日本在线观看高清中文-暖暖视频 高清 日本
兴化市| 全州县| 长寿区| 虞城县| 上思县| 汉寿县| 阿勒泰市| 庄河市| 遵义市| 城口县| 吴川市| 绵竹市| 剑川县| 普宁市| 忻城县| 桐柏县| 龙泉市| 广东省| 旌德县| 顺平县| 清原| 云龙县| 左权县| 安龙县|