年収5000萬円の生活実態について徹底解説。手取りや稅金?稼げる職業や割合は?


突然ですが、皆さんの年収はいくらくらいでしょうか?

年収5000萬円の暮らしを想像したことはありますか?

今回は、知っているようで知らない年収5000萬円の手取り額や職業など、様々なことを徹底解説したいと思います。

では早速、項目ごとに見てみましょう!

年収5000萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?

年収5000萬円を月収で換算すると約416萬円となります。

ここから稅金等が引かれる為、この金額が手取り額ではありません。

賞與が年間で2ヶ月分含まれる場合

では賞與が年間で2ヶ月分含まれる場合の月収はどうでしょうか。

この場合の月収は約357萬円となります。

この月収に加えて、年間約714萬円の賞與があることなります。

こちらも稅金等が引かれる為、この金額が手取り額ではありません。

年収5000萬円の手取り額は?稅金は?

例を挙げると、東京都在住の獨身であれば年収5000萬円の手取り額は約2770萬円です。

年収5000萬円-手取り額約2770萬円=約2230萬円

となり、この約2230萬円のうち稅金が約2080萬円、社會保険料が150萬円となります(社會保険料はどの社會保険に加入するかによっても金額が変わってきますが、今回は會社員や會社役員が加入する協會けんぽの場合で試算しています)。

では、家族がいる場合はどうでしょうか。

例を挙げると、東京都在住の配偶者と16才以上の子供が1人いる家庭では、年収5000萬円の手取り額は約2790萬円です。

年収5000萬円-手取り額約2790萬円=約2210萬円

となり、この約2210萬円のうち稅金が約2060萬円、社會保険料が150萬円となります。

実は年収5000萬円を稼ぐような高所得者の方は配偶者を扶養していても控除を受けることができないため、手取り額は家族がいない場合とあまり変わりません。

この結果からも、年収の約半分は稅金や社會保険料で引かれることが分かります。

年収が高いほど稅金や社會保険料など引かれる額も高いですね。

年収から引かれる稅金?社會保険

年収5000萬円の所得稅率は最高で45%です。

所得控除が加味された金額に稅率を乗じて、最終的に支払う稅金の額が決まります。

所得稅の計算稅率をまとめましたので、以下を參考にしてみて下さい。

稅金の計算

所得が195萬円以下の金額に対して、所得稅率は5%です。

所得が195萬円を超え330萬円以下の金額に対して、所得稅率は10%です。

所得が330萬円を超え695萬円以下の金額に対して、所得稅率は20%です。

所得が695萬円を超え900萬円以下の金額に対して、所得稅率は23%です。

所得が900萬円を超え1,800萬円以下の金額に対して、所得稅率は33%です。

所得が1,800萬円を超え4,000萬円以下の金額に対して、所得稅率は40%です。

所得が4,000萬円超の金額に対して、所得稅率は45%でです。

見ての通り、年収5000萬円は所得稅率が最も高いことが分かります。

所得控除はどのようなものがある?

所得控除は、雑損控除、醫療費控除、社會保険料控除、 小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、 地震保険料控除、寄附金控除、障害者控除、寡婦(寡夫)控除、勤労學生控除、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、基礎控除の14種類があります。

獨身かそうでないかによっても変わる?

基本的に所得がある方全てに基礎控除38萬円が適応されます。

扶養している家族がいる方は、この基礎控除に加え配偶者寡婦控除や扶養控除などが適応されることがあります。

ただし、配偶者や扶養家族などの所得や年齢等により控除內容が変わる場合があります。

年収5000萬円の生活レベルとは?

年収5000萬円の生活レベルとは、一體どのくらいなのでしょうか?

様々なパターンに沿って試算してみました。

扶養家族の有無による生活レベルの違いは?

扶養家族がいる方が、年収に対する手取り額は多くなります。

しかし手取り額は多くなっても扶養家族の分支出も増えるため、生活レベルで言えば獨身が1番高いと言えるでしょう。

年収5000萬円の獨身の生活レベル

年収5000萬円の東京都在住獨身の場合、手取り年収は約2770萬円です。

これを手取り月収に換算すると約230萬円であることが分かります。

國稅庁が9月に実施している民間給與実態統計調査によると、2016年分平均年収は422萬円です。

この平均年収は、民間企業の非正規職員を含む従業員と役員の年収が対象となっています。

平均年収422萬円と年収5000萬円を比較すると10倍以上の収入があることとなります。

一般的には考えられない程の収入ということで、生活レベルで考えても上位に入ること間違いなしです。

年収5000萬円の夫婦2人世帯の生活レベル

では年収5000萬円の東京都在住夫婦2人世帯の生活レベルはどうでしょうか。

手取り年収5000萬円の內訳が夫婦とも働きによる収入であるか、そうでないかでも手取り額は変わりますが、どちらの場合でも充分上位の生活レベルを保つことができるでしょう。

年収5000萬円の子持ち世帯の生活レベル

年収5000萬円の東京都在住、専業主婦の奧さんと子供1人の3人家族の場合、手取り年収は約2790萬円です。

これを手取り月収に換算すると約230萬円であることが分かります。

子供に対しても、教育費含め充分にお金をかけてあげられる生活レベルであると思います。

地域による生活レベルの違いは?

地域間の年収格差は最大差で2割程度と言われています。

基本的には関東地方で収入は高く、北海道や九州地方などで2割程度安い傾向にあります。

これに伴い、住宅費や生鮮食料品などの基本的な生活物資にも地域間の物価差があります。

このことから考えると、関東地方を拠點とする年収5000萬円の人よりも北海道や九州地方を拠點とする人の方が、より経済的に余裕のある暮らしができると言えます。

貯金レベルは?

貯金は、充分にできる年収であると言えます。

ただし年収の半分以上を稅金として納めなければならないため、どれだけ年収があっても、その分支出が多ければ貯金はできません。

家族構成や扶養人數などにもよりますが、多少の贅沢をしたとしても生活費を差し引いて年間1000萬円は貯金できると考えられます。

年間貯金額が上記以下の場合は、少々贅沢をしすぎているかもしれません。

住宅ローンや家賃の相場のレベルは?

年収5000萬円である場合、住宅ローンを組むことはできますがローンは組まず住宅を購入することを考えた方が良いでしょう。

家賃は年収の2.5割?3割が適正と言われています。

余裕を持って年収の2.5割で家賃を計算してみると、最適家賃は月額約104萬円です。

住んでいる地域にもよりますが、家賃が100萬円を超える物件となるとかなり豪華な賃貸に住めそうです。

車は持てる?

年収5000萬円では購入資金、維持費共に考えても車は持つことができます。

年収5000萬円の人の割合は全體の何%?

平成28年度の民間給與実態調査のデータを見てみると、年収2500萬円以上の割合は男女合計で0.2%です。

殘念ながら年収5000萬円以上の人にスポットを當てた統計は見當たりませんでした。

一番多い年収帯が300萬円?400萬円で17.5%、次に200萬円?300萬円で16.3%、100萬円?200萬円で14.6%という順番になっています。

年収400萬円以下を合わせると57.1%となり、働いている人のうち全體の約6割が年収400萬円以下ということが分かりました。

この結果を見ても年収5000萬円の人は全體の0.2%ととても少なく、働いている人のうち半分以上が年収400萬円以下であることから、年収5000萬円は収入としてとても恵まれていることが分かります。

男女比や男女別で見る、年収5000萬円以上の人の割合

平成28年度の民間給與実態調査のデータから男女別で見てみると、男性の年収2500萬円以上の割合は0.4%で女性の年収2500萬円以上の割合0%となっています。

こちらも殘念ながら年収5000萬円の人にスポットを當てた統計は見當たりませんでした。

年収2500萬円以上の男性の割合が0.4%なので、年収5000萬円以上の人は0.4%以下であることが想像できます。

そして年収2500萬円以上の女性の割合が0%ということなので、年収5000萬円以上の人も統計上はいないということとなります。

年収5000萬だと、上位から數えて0.2%以內に入る

平成28年度の民間給與実態調査のデータには年収2500萬円以上で括られたデータしか存在しません。

そもそも年収2500萬円以上の人が統計上全體の0.2%しかいない為、年収5000萬円以上となると0.2%以下であることが充分に考えられます。

年収5000萬以上の仕事にはどんなものがある?

年収5000萬円を稼ぐような仕事となると、その數はとても少なくなってきます。

総裁や取締役、役員などと呼ばれるような人や経営者?起業家など、基本的に企業のトップの地位にいる人たちの年収がおおよそ5000萬円前後と言われています。

一般企業でも、取締役や役員などの地位であれば年収5000萬円程度の収入の方は少なくありませんが、日本経済で見ても、とても大きな経済力を持ち、あらゆる部分で社會に影響力を與えるほどの財閥系企業の取締役や役員などの重役が、年収5000萬円の職業の中でも大きな割合を占めていると言えます。

ただし有名企業の取締役や社長は投資や株式などの他の収入源から得る収入も多く存在するため、全體的な利益で考えると実際には5000萬円以上の年収になることもあります。

一般企業のサラリーマンで役職がなく年収5,000萬円を超えるのは、ほぼ不可能と言えるでしょう。

年収5000萬円を稼げる職業例6選

年収5000萬円を稼げる職業例をいくつか挙げています。

1.日本銀行総裁 

日本銀行の総裁くらいになると、年収5000萬円を超えます。

ただし、日本経済を動かす銀行だけに仕事に対する責任や重圧は相當なものであると想像できます。

2.三菱電機取締役

誰もが知っている大企業の取締役ともなれば、年収5000萬円は超えます。

ただしこちらも誰もがなれる職種でもなく、本當に選ばれた人のみがなれるものです。

3.トヨタ自動車取締役

世界のトヨタ自動車と言われる程大きな會社の取締役となれば、年収5000萬円は超えます。

年収5000萬円というのは本當に限られた人しか得られない収入であることが分かりますね。

4.三菱UFJ信託銀行取締役

こちらも誰もが知っている大企業となります。

やはり取締役等トップの人でないと、年収5000萬円は難しい印象です。

5.有名カメラマンやアーティスト等

こちらは自分の才能をとことん追求し収入に変えることができた例です。

自分の才能を突き詰めても、年収5000萬円を超えるほどの退勤を稼げるようになるのは至難の業であると言えます。

6.外資系証券會社日本法人トレーダー

外資系の職業です。

やはり日本だけに留まらず世界と取引する職業というのは、年収も高い傾向にあります。

未経験からでも年収5000萬円を超える仕事に転職はできる?

未経験であっても、もしかしたら可能かもしれません。

しかし、年収5000萬円は頑張って働けば誰しもが稼げるという額でもありません。

先を見越した転職で出世を狙うか、獨立し経営者として自らの発想をもとにお金を稼ぐかこの2択であると感じます。

まとめ

今回は、年収5000萬円の実態について徹底解説しました。

年収5000萬円の約半分近くは稅金や社會保険料の支払いでなくなってしまうことなど、ビックリする內容もありましたね。

やはり年収5000萬円を稼ぐことは難しいことだということも分かりました。

皆様にも分かりやすく伝わっていれば良いなと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

最終更新日:2020年6月8日

関連記事

年収1500萬円は勝ち組?実際の手取りや稅金、生活レベルをチェック!

日本人の平均年収は420萬円と言われている現代社會。もっと稼ぎたい、もっと生活レベルを良くしたい!と様々な努力をしたり、転職先を探している人も多いでしょう。お給料が今よりも倍以上上がれば、一體どのような生活が待っているのか?と想像する人も多いのでは?そこで今回は、平均年収よりも1000萬円以上上回る年収1500萬円を稼ぐ人の生活レベルと、1500萬円を稼げる企業や職業などをご紹介します。目指せ年収1500萬円!ぜひ參考にしてください。年収1500萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?まずは年収1500萬円を月収で換算してみましょう。給料についての話をする時、「額面で」というのは総支給額のこと

年収200萬円の気になる生活レベル。手取り?稅金?職業?割合など徹底解説。

年収200萬円の生活はどういう生活なのか、とても気になるところです。まず年収の定義なのですが、一般的なお給料の場合には社會保険料や所得稅、住民稅などが引かれる前の年間の総支給額を指します。年収200萬円は月収換算するとどれくらいになるのか、手取りはどれだけ殘るのか、もし年収200萬円の収入ならどのような暮らしができるのか、知りたい人が多いことでしょう。例えば、派遣社員やアルバイトで1日8時間労働、週5日?6日勤務しているような人が年収200萬円に該當してきます。ただ、正社員で年収200萬円はいないのか、他の勤務體系だと年収200萬円は超えてくるのか等々…どれも知っておきたい情報ばかりです。今回

年収1200萬円の実態。手取り?生活レベル?職業まで徹底解説

高年収の人はどんな生活をしているんだろう?どんな職業で稅金はどれくらい払っているんだろう?そんな風に考えたことはありませんか?知りたくても実際はなかなか聞く機會がなくて分かりませんよね。そこで今回は、年収1200萬円を稼ぎ出す人たちはどんな仕事に就いているのか、生活レベルや稅金などについて解説していきたいと思います。年収1200萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?年収1200萬円は、月収で換算すると額面ではいくらになるのでしょうか?賞與が年間で2ヶ月分含まれる場合年収1200萬円の人が貰えるボーナスは、おおよそ322萬円と言われています。ということは1200萬円 ? 322萬円 = 878

年収100萬円の暮らしとは?手取りは?一人暮らしはできる?気になる生活レベルを徹底解説

皆さんは今の仕事や生活に満足していますか?仕事に対する優先順位は年収の高さ、やりがい、プライベートの充実など人によって様々ですよね!総務省の統計によると、東京都の平均年収は612萬円とされています。年収が612萬円の場合、海外旅行や外食を楽しんだり貯蓄をすることもできるでしょう。では、年収が100萬円の場合はどのような生活になるのでしょうか?平均年収よりもかなり低い年収になりますが、一人暮らしは可能なのか?貯蓄はできるのか?など色々と気になりますよね!今回は、扶養內で働きたい、プライベートを充実させたいなどの理由で年収100萬円の道を選ぶ人たちの生活レベルや稅金のことなどについて、詳しく見てい

年収2000萬円の実態。勝ち組?気になる生活レベルについて徹底解説

高収入に憧れる場合、1000萬円の次に目指すのが年収2000萬円のラインではないでしょうか?毎月の給料の手取りはどのくらいなのか、稅金はどのくらい取られるのか、どういった暮らしができるのかといった、年収2000萬円の実態についてご紹介します。また、年収2000萬円を目指せる業界や職種もご紹介しています。年収2000萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?額面とは會社から支払われる総額のことで、稅金や保険などが引かれる(控除される)前の金額のことです。年収2000萬円の人が1ヶ月に貰う給料は、単純に割ると月収166萬円~167萬円です。賞與が年間で2ヶ月分含まれる場合賞與が年間で2ヶ月分支給され

年収900萬円の気になる生活レベルは?稼げる業界や會社まで徹底解説

皆さんの年収はいくらですか?現在の自分の年収に満足していますか?今回は、年収900萬円の実態について徹底解説していきたいと思います。年収900萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?一口に年収900萬円と言っても、支給の方法により月収は変わります。では、いくつかの支給パターンを見てみましょう。賞與が年間で2ヶ月分含まれる場合の年収900萬円の月収換算賞與が年間で2ヶ月分含まれる場合、年収900萬円÷14ヶ月(うち2ヶ月分賞與)=月収約64萬円となります。月収約64萬円に加えて賞與約130萬円が支給されることになります。賞與が含まれない場合の年収900萬円の月収換算賞與が含まれない場合は、先ほど

年収800萬円はどんな生活?気になる貯金や家賃まで生活レベルを徹底解説

國稅庁の平成27年分の民間給與実態統計調査によると、日本人のサラリーマンの平均給與は420萬円との結果が出たそうです。この金額を多いと思うか少ないと思うかは、もともと育ってきた生活環境や家族構成によっても変わってくるでしょう。では、一般的に年収がいくら以上であれば高収入と思われるのでしょうか?年収600萬円以上あれば、ある程度安定した生活ができると言われていますが、誰もが高所得と思うのは年収800萬円以上でしょう。そこで今回は年収800萬円の生活レベルや支払う稅金など、その実態を詳細にお伝えしていきたいと思います。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!年収800萬円を月収に換算すると額面

年収400萬の気になる手取りや生活レベルを徹底解説

年収400萬円は、日本人全體の平均年収とほぼ同じです。年収400萬円は、日本人の一般的な生活レベルを表す年収になるのでしょうか?年収400萬円と言われても多いのか少ないのか、いまいちイメージがわかないことでしょう。年収400萬円を得ると稅金がどうなるのか、手取りはどれくらいなのか、獨身や家族持ちで生活レベルはどうなるのかなど様々な疑問を持つのではないでしょうか。今回は、年収400萬円の実態について色々と紹介していきます。ぜひ參考にしてみて下さい。年収400萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?年収400萬円だけではどれくらいの収入なのか少しイメージがしづらいかもしれません。年収400萬円を月

年収700萬円の手取りや稅金、稼げる職業、生活レベルなど徹底解説。

日本人の平均年収は420萬円と言われている中、年収700萬円はある程度の収入ではないでしょうか。婚活をしている人の多くは、相手に希望する年収の目安が500萬円?700萬円と言われているので、年収が700萬円あれば充分な生活ができるイメージがあるようです。また、年収700萬円だと少し贅沢な生活もできそうなイメージもあります。年収700萬円の収入があると実際にはどのような暮らしでどれくらい手取りがもらえて、稅金がどうなっているのか、どういう仕事をしたら年収700萬円もらえるのかとても気になるところです。今回は、年収700萬円の実態について紹介していきます。年収700萬円を月収で換算すると額面で幾ら

年収600萬円の実態について徹底解説。気になる生活レベルや、実際の手取りや稅金、割合や職業は?

年収600萬円と聞いて、給料が多いと思いますか?それとも少ないと思いますか?日本人の平均年収は420萬円程と言われていますので、年収600萬円は平均を超えています。婚活で相手に望む年収は500萬円~700萬円が多いため、年収が600萬円あると條件は充分にクリアしているように思えます。この記事では、年収600萬円あるとどのような生活レベルでどのようなことができるのか、車は買えるのか、家は買えるのか、など年収600萬円に対して抱く疑問を解決していきます。年収600萬円の実態に興味がある人や、まずは年収600萬円を目指そうと考えている人は是非參考にしてみて下さい。年収600萬円を月収で換算すると額面

年収500萬円の生活の実態は?手取りや稅金、職業まで徹底解説

年収500萬円は一般の平均年収より高く、年収が500萬円?600萬円未満の人は全體の10%程度しかいません。皆さん、年収500萬円と聞くと高い給料だと思いますか?年収500萬円を超えたらある程度の生活ができると考えていますか?実際に年収500萬円あったとしてどのような生活ができているのか、また、年収500萬円と言っても全てのお金が給料として入ってくるわけではありません。稅金や社會保険などで様々な項目で給料から引かれてしまいます。今回、年収500萬円の給料內容がどのようになっているのか、內訳や稅金のこと、年収500萬円貰える業界などについて紹介していきます。參考にして下さい。年収500萬円を月収

年収300萬円の手取り?稅金?割合?仕事など、生活の実態を徹底解説。

年収300萬円は、日本人全體の平均年収より少なく、20代の平均年収よりも少し下回ります。年収300萬円の人の一般的な生活レベルはどのようなものなのか気になる人も少なくないことでしょう。また、稅金がどうなるのか、手取りはどれくらいなのか、獨身や家族持ちで生活レベルはどうなるのかなど様々な疑問を持つことでしょう。今回は、年収300萬円の実態について色々と紹介していきます。ぜひ參考にしてみて下さい。年収300萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?年収300萬円だけではどれくらいの収入か、日本人全體の平均年収を下回るとは言え、そんなに少ない給料なのかどうかは年収だけではなかなかイメージがしづらいかも

年収1000萬円の実態について徹底解説。気になる手取りや生活レベル、稼げる職業は?

年収1000萬円は高年収を望む人にとって、ひとつの目標になる額ではないでしょうか。この記事では、年収1000萬円の人の手取りや生活レベル、職業など解説していきたいと思います。年収1000萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?年収1000萬円と聞くとものすごく高い給料に思えますし、月収換算にしてどれくらい貰えるのかとても気になります。年収1000萬円の額面月収については獨身も扶養家族持ちも同じですが、ここから社會保険や稅金を差し引くと獨身と家族持ちでは手取りが異なってきます。まずここでは、年収1000萬円を月収換算して額面で、つまり稅金や保険料を引いてない額を紹介していきます。賞與が年間で2ヶ

年収3000萬円の手取り?生活レベル?職業?割合?稅金など、勝ち組の実態を徹底解説!

この記事では、年収3000萬円の手取りや生活レベル、職業などの仕事、割合?稅金など、様々な切り口で徹底的に紐解いていきたいと思います。年収3000萬円以上の人たちは、高額所得者の番付にも出てきそうな人たちですね。年収3000萬円を月収で換算すると額面で幾らになる?年収3000萬円となれば、月給としては幾らになるのかを見てみたいと思います。賞與が年間で2ヶ月分含まれる場合賞與(ボーナス)を含んだ場合の額面金額はどうなるでしょうか?仮に2ヵ月分の賞與をして考えた場合、以下の計算式が成り立ちます。3000萬円(年収)÷ 〔12ヵ月(月給分)+2ヵ月(賞與分)〕 ≒ 214萬円つまり、月収額面が200

表示準備中

暖暖日本在线观看高清中文-暖暖视频 高清 日本
邵阳市| 怀安县| 延吉市| 石台县| 内黄县| 汝州市| 青川县| 正安县| 北碚区| 石渠县| 马龙县| 仙桃市| 社旗县| 连江县| 木兰县| 阿拉尔市| 册亨县| 邹城市| 色达县| 梨树县| 东乡| 炎陵县| 南汇区| 江孜县|