20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収。手取り?中央値?男性女性別?大卒高卒など學齢別にも解説


短期大學、専門學校、大學、大學院卒と、現在は様々な學歴があります。

求人情報誌などをチェックされている方はご存知かもしれませんが、學歴や年齢によって給料の差はかなり大きいです。

來年から新社會人になる、もしくは働こうとしている方々へ、自分の年齢は一般的にどのくらいの給料が貰えるのか?

是非ともチェックしてみてください。

目次

閉じる
  1. 20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収と手取りは、それぞれいくら?
  2. 年齢ごとの平均年収
  3. 年齢ごとの手取り額
  4. 20歳?21歳?22歳?23歳の年収の中央値はどのくらい?
  5. 20歳?21歳?22歳?23歳の年収中央値
  6. 20歳?21歳?22歳?23歳で、年収700萬円以上?年収1000萬円以上はどのくらいいる?
  7. 男女ごとの20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収。性別で年収に差は出る?
  8. 年齢ごとの男性の平均年収
  9. 年齢ごとの女性の平均年収
  10. 都道府県別に見る20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収。地域で年収に差は出る?
  11. 20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収が高い都道府県トップ10
  12. 最下位は沖縄県の148萬円
  13. 1位と最下位では115萬円も差がつく
  14. 雇用形態別に見る平均年収
  15. 正社員の20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収
  16. 契約社員の20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収
  17. 派遣社員の20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収
  18. アルバイト?パートの20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収
  19. 學歴別に見る20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収
  20. 大卒22歳?23歳の平均年収
  21. 高卒20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収
  22. 中卒20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収
  23. 専門學校卒20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収
  24. 業界別の20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収
  25. 最下位は飲食サービスの230萬円
  26. 1位と最下位では350萬円も差がつく
  27. 職業別の20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収
  28. 20歳?21歳?22歳?23歳の生活レベル
  29. 20歳?21歳?22歳?23歳の既婚率はそれぞれどのくらい?
  30. 20歳?21歳?22歳?23歳の貯蓄額の平均はそれぞれどのくらい?
  31. 20歳?21歳?22歳?23歳のマイホーム所有率はそれぞれどのくらい?
  32. 20歳?21歳?22歳?23歳のマイカー所有率はそれぞれどのくらい?
  33. 20歳?21歳?22歳?23歳からの年収アップを目指すなら?
  34. まとめ

20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収と手取りは、それぞれいくら?

大體年齢的に考えると、短期大學、専門學校、大學、大學院卒といったところでしょうか。

近年、資格が欲しい、學歴が欲しい、という理由のため大學まで行かれている方もいますが、未だ高校卒業後に働くという方も少なくありません。

年齢ごとの平均年収と手取りに関してご紹介致します。

年齢ごとの平均年収

年齢ごとの平均年収は以下のような形です。

高校を卒業、もしくは大學を卒業した場合などの年齢を考慮しての平均年數だと考えてください。

  • 20歳の平均年収:180萬円~220萬円
  • 21歳の平均年収:190萬円~230萬円
  • 22歳の平均年収:200萬円~240萬円
  • 23歳の平均年収:230萬円~280萬円

年齢ごとの手取り額

20~23歳までの手取り金額についてご紹介しましょう。

金額について差があるのは社會人経験があるか、何かしらの資格を持っているかにもよります。

22歳以降は同じ手取りになる可能性もあるので、目安として見てもらえると良いかもしれません。

  • 20歳の手取り額:14萬円~16萬円/月
  • 21歳の手取り額:16萬円~19萬円/月
  • 22歳の手取り額:17萬円~21萬円/月
  • 23歳の手取り額:19萬円~23萬円/月

20歳?21歳?22歳?23歳の年収の中央値はどのくらい?

中央値というのは全體の年収のデータを調べ、丁度真ん中に來る値のことを指します。

20~23歳までの平均年収に関してはご紹介させて頂きましたが、全ての平均中央値はどのくらいなのか気になりませんか?

20歳?21歳?22歳?23歳の年収中央値

男女比も多少あるかもしれませんが、大體20歳~23歳までの年収中央値に関しては180萬円~230萬円程と思ってください。

これは職業によって変動も考えられるため、23歳でも年収が180萬円になるということはさほど珍しいことではないのです。

20歳?21歳?22歳?23歳で、年収700萬円以上?年収1000萬円以上はどのくらいいる?

20歳~23歳で年収が700萬円以上の方はいるのか?と疑問に思うでしょう。

実際いないことはないです。

醫療系や消防官などの資格を持っている方なら珍しくありません。

その過程で考えると、その年齢幅で年収700萬円以上を稼いでいる人のほとんどは大學を卒業している22歳以上の方になります。

年収700萬円以上を稼ぐ人の割合は、全體の給與所得者の15%にも満たず、その中でも20歳~23歳となるとまさにほんの一握りしか存在しません。

更に年収1000萬円以上を稼ぐ人の割合は、全給與所得者のわずか5%しかおらず、中でも20歳~23歳の人はごくごく少數であることは言うまでもありません。

男女ごとの20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収。性別で年収に差は出る?

現在男女平等ではあると言われているのですが、基本的な年収に関しては性別によって差が出ます。

殘念ながら給料は未だ男性の方が高いのが現狀です。

結婚退職や出産や育児などを考えると、仕方がないことなのかもしれません。

年齢ごとの男性の平均年収

男性の平均年収に関してご紹介していきましょう。

都道府県などにもよりますが、チェックしてみてください。

  • 20歳男性の平均年収:200萬円~240萬円
  • 21歳男性の平均年収:210萬円~250萬円
  • 22歳男性の平均年収:210萬円~260萬円
  • 23歳男性の平均年収:250萬円~300萬円

年齢ごとの女性の平均年収

女性の場合は男性よりも平均年収は圧倒的に少ない方です。

平均年収が高いのは醫療系や外資系などに勤めていると考えておいてください。

  • 20歳女性の平均年収:160萬円~200萬円
  • 21歳女性の平均年収:170萬円~200萬円
  • 22歳女性の平均年収:180萬円~210萬円
  • 23歳女性の平均年収:200萬円~250萬円

都道府県別に見る20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収。地域で年収に差は出る?

地域差というものはかなり大きいです。

日本の首都である東京が一番賃金や給料が高いと考えている方もいるようですが、間違いではありません。

東京以外に日本五大都市と呼ばれる地域も、年収は高いと見て良いでしょう。

日本五大都市とは東京、大阪、愛知、福岡、北海道もしくは兵庫県です。

年収が一番低い地域は九州になります。

20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収が高い都道府県トップ10

厚生省が都道府県別の平均給料をアップしています。

トップ10から順にご紹介していきましょう。

自分の住んでいる地域はどのくらいなのか、また他の都道府県と比較されても良いかもしれません。

年代によりますが、平均年収がそこまで大差ない県もありました。

1位:東京都(20歳:260萬円、21歳:270萬円、22歳:295萬円、23歳:310萬円)

2位:大阪府(20歳:220萬円、21歳:230萬円、22歳:252萬円、23歳:265萬円)

3位:愛知県(20歳:205萬円、21歳:210萬円、22歳:230萬円、23歳:245萬円)

4位:神奈川県(20歳:200萬円、21歳:209萬円、22歳:230萬円、23歳:242萬円)

5位:兵庫県(20歳:185萬円、21歳:190萬円、22歳:210萬円、23歳:220萬円)

6位:京都府(20歳:185萬円、21歳:190萬円、22歳:210萬円、23歳:220萬円)

7位:福岡県(20歳:185萬円、21歳:190萬円、22歳:210萬円、23歳:220萬円)

8位:靜岡県(20歳:185萬円、21歳:190萬円、22歳:210萬円、23歳:220萬円)

9位:千葉(20歳:185萬円、21歳:190萬円、22歳:210萬円、23歳:220萬円)

10位:滋賀県(20歳:185萬円、21歳:190萬円、22歳:210萬円、23歳:220萬円)

最下位は沖縄県の148萬円

その他は宮崎県、佐賀県などもほぼ大差ありませんでした。

最下位の理由としては、働く場所が限られていること、また人口が少ないという部分も大きいからです。

1位と最下位では115萬円も差がつく

実際100萬円以上の差があるため、大半の方は出稼ぎで他県に引っ越される方も多いです。

最下位である沖縄県に限らず、その他人口が栄えていない地域は、積極的に日本五大都市やその周辺に働きに出ます。

日本五大都市やその周辺地域に住んでいる方はあまり意識されないようですが、四國や福岡を除く九州地方、東北地方の方はこのデータも參考にされると良いかと思います。

雇用形態別に見る平均年収

正社員、契約社員、派遣社員、パートアルバイトの雇用形態別でどのような差が出るのか調べてみました。

福利厚生や安定性を考慮した上で正社員を選択する方は多いのですが、純粋に年収のみを見ていると一概に正社員が良いとは言えないかもしれません。

正社員の20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収

男女共に算出した全體の平均年収です。

昔は男性が極端に高いイメージでしたが、現在は働く女性が多くなっているため、少しずつ変わってきています。

  • 20歳正社員の平均年収:270萬円
  • 21歳正社員の平均年収:280萬円
  • 22歳正社員の平均年収:280萬円
  • 23歳正社員の平均年収:295萬円

契約社員の20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収

契約社員の場合は、正社員よりも給料が少なめであることが多いです。

その理由はボーナスに関係してきます。

近年ボーナスありで募集している企業も増えてきてはいるのですが、正社員の次という感覚であるため、そこまで期待はできません。

  • 20歳契約社員の平均年収:200萬円
  • 21歳契約社員の平均年収:204萬円
  • 22歳契約社員の平均年収:215萬円
  • 23歳契約社員の平均年収:240萬円

派遣社員の20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収

派遣の給料は正社員、契約社員以上に高いと考えてください。

何故派遣の給料は高いのかというと、フルタイム以上にしっかりと働くことが可能だからです。

働くことに制限はありませんが、ボーナスなどがないため使い捨て狀態になってしまうことも少なくありません。

  • 20歳派遣社員の平均年収:240萬円
  • 21歳派遣社員の平均年収:250萬円
  • 22歳派遣社員の平均年収:265萬円
  • 23歳派遣社員の平均年収:335萬円

アルバイト?パートの20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収

アルバイトやパートの場合、フリーターの扱いという方が正しいかもしれません。

派遣社員とある意味近い部分はあるのですが、給料が一番安いため、やはりなかなか厳しい雇用形態であると考えておいてください。

  • 20歳アルバイト/パートの平均年収:130萬円
  • 21歳アルバイト/パートの平均年収:145萬円
  • 22歳アルバイト/パートの平均年収:165萬円
  • 23歳アルバイト/パートの平均年収:192萬円

學歴別に見る20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収

今の世の中、大卒は最低條件であってもおかしくないと言われています。

資格や學歴が有利になっている時代であるため、中卒の人はかなり限られていると覚悟はしておいてください。

學校を簡単に辭めたいと思っている方が非常に多いとは思いますが、後々のことを考えるとまともな職に就けなくなってしまうのは事実です。

大卒22歳?23歳の平均年収

大卒の年収は他の學歴と比較して一番高いです。

求人広告をチェックされたことがある方はお分かりかもしれませんが、大卒は有利になると思っておきましょう。

  • 大卒22歳の平均年収:230萬円
  • 大卒23歳の平均年収:250萬円

高卒20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収

高卒は本當に最低條件と言えます。

學歴不問で許されるのは高卒までです。

高卒ですぐに働くという方も珍しくはないのですが、正社員として働く場所は限られています。

  • 高卒20歳の平均年収:250萬円
  • 高卒21歳の平均年収:270萬円
  • 高卒22歳の平均年収:280萬円
  • 高卒23歳の平均年収:290萬円

中卒20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収

今から50年以上前であれば、中卒でも普通でした。

當時の日本はそれほど豊かではなかったからです。

しかし令和現在、日本はそれなりに豊かになり、大學を卒業する人は當たり前になってきています。

その中で中學卒業以上の學歴がない人物は、高卒以上にもっと厳しい狀態であると思ってください。

正社員で考えるにしても自分のやりたい職業ではなく、しんどいものが多いです。

  • 中卒20歳の平均年収:180萬円
  • 中卒21歳の平均年収:185萬円
  • 中卒22歳の平均年収:190萬円
  • 中卒23歳の平均年収:210萬円

専門學校卒20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収

専門學校と短期大學を一緒にされる方もいますが、ある意味では近い部分があります。

大學のカリキュラムを短い年月で終わらせるため、大體1年~2年で學校を卒業し働く形です。

現在の専門學校の認識としてはパソコンやIT関係などは専門的な知識を學べる場所でもあるため、大學よりも専門學校を積極的に選ぶ方も増えています。

  • 専門學校卒20歳の平均年収:220萬円
  • 専門學校卒21歳の平均年収:230萬円
  • 専門學校卒22歳の平均年収:238萬円
  • 専門學校卒23歳の平均年収:240萬円

業界別の20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収

業界別にランキングでピックアップさせて頂きました。

大卒、高卒などの學歴を考慮して、資格なしでも可能な業界を選択しております。

醫療関係というのはちょっと分かりにくいかもしれませんが、看護師や技師のことではなく看護助手や醫療事務受付です。

年齢的に若いのに高い年収をもらっている理由としては歩合制が関係してきます。

1位:総合商社(20歳:598萬円、21歳:600萬円、22歳:610萬円、23歳:640萬円)

2位:攜帯電話関係(20歳:590萬円、21歳:600萬円、22歳:600萬円、23歳:605萬円)

3位:損保保険(20歳:573萬円、21歳:582萬円、22歳:600萬円、23歳:645萬円)

4位:醫療関係(20歳:265萬円、21歳:270萬円、22歳:280萬円、23歳:300萬円)

5位:土木作業(20歳:300萬円、21歳:300萬円、22歳:300萬円、23歳:300萬円)

6位:IT(20歳:280萬円、21歳:290萬円、22歳:310萬円、23歳:373萬円)

7位:公務員(20歳:250萬円、21歳:260萬円、22歳:280萬円、23歳:300萬円)

8位:宿泊業:(20歳:230萬円、21歳:250萬円、22歳:260萬円、23歳:265萬円)

9位:飲食サービス:(20歳:230萬円、21歳:240萬円、22歳:245萬円、23歳:264萬円)

最下位は飲食サービスの230萬円

飲食系は安いことで有名です。

カフェ、販売などはそんなに高くありません。

1位と最下位では350萬円も差がつく

総合商社と飲食サービスとでは年収が大きく異なります。

大卒、中卒といった學歴も関係はしてくるのですが、実のところ、學歴はそこまで役に立たないこともあるのです。

たまに學歴が良くても仕事ができないという人もいます。

総合商社、損保保険、攜帯業界などは販売や営業を兼ねているため、學歴に自信がなくてもコミュニケーション能力や理解力があれば可能です。

その能力の差が年収にも影響してきます。

職業別の20歳?21歳?22歳?23歳の平均年収

平均年収に関しては業界別とほぼ変わりません。

実際違いがあるとすれば大卒であるか、資格を持っているか、というところによります。

誰もが就ける職、社會人歴を考慮すると大差はないのです。

ただし上司によってその辺は考慮されることもあるので、その辺は実際入社してみないと分かりにくいかもしれません。

20歳?21歳?22歳?23歳の生活レベル

20歳~23歳の生活レベルは獨り暮らし、もしくは実家暮らしによって異なります。

獨り暮らしをしている方であれば、すでに貯金に精を出している方も多いです。

実家暮らしの方は貯金をしていない方も結構います。

給料に関しては最低基準の13萬円~15萬円くらいでも、実家暮らしであればそこまで困りません。

家賃や光熱費などを自身のみで稼ぐ必要はないため普通に生活していけるレベルですが、獨り暮らしの場合はその給料では生活がかなり苦しいでしょう。

20歳?21歳?22歳?23歳の既婚率はそれぞれどのくらい?

近年30代後半からの晩婚が増えてきており、20代前半で結婚される方は減っています。

この年令での既婚者は、大體は中卒?高卒で結婚した場合が多く、20歳~23歳の既婚率は全體の5%弱程度であると思ってください。

20歳?21歳?22歳?23歳の貯蓄額の平均はそれぞれどのくらい?

貯蓄平均額は100萬円~250萬円程度です。

20歳から貯金をされている方はいるにはいるのですが、500円玉貯金もしくは郵便局などがやっている定期貯金など、少額ずつ貯蓄をされている方が多いです。

人にもよりますが、若い內は交際費や服代などにお金がかかるため、月々いくらずつ???と安定した貯金をされている方は少ないです。

旅行などの為にお金を貯めるというのはあるのですが、それでもせいぜい50萬円程度でしょう。

20歳?21歳?22歳?23歳のマイホーム所有率はそれぞれどのくらい?

20歳~23歳のマイホーム所有率は、お金持ちでもなかなかいないという認識で良いかもしれません。

ドラマなどではあるかもしれませんが、將來的なことを考えると持つ人はまだいないのです。

20歳?21歳?22歳?23歳のマイカー所有率はそれぞれどのくらい?

現在マイカーを持っている方は、男女問わず田舎や交通に不便な場所に住んでいるという方ばかりです。

所有している人は昔ほどおらず、20歳?21歳?22歳?23歳大差なくほぼ10%以下だと思ってください。

何故所有率が低いのかというと、マイカーではなく自転車や強いてバイク所持者の方が圧倒的に増加傾向にあるからです。

マイカーなどは購入時にお金がかかる上に維持費もかかるので必要ない、という若者が非常に増えてきているため、それほど所有率は高くありません。

20歳?21歳?22歳?23歳からの年収アップを目指すなら?

若年層で年収アップするのは難しいのでは?と思うかもしれませんが、不動産業や攜帯業界やITなどの業界であれば高収入が期待できます。

不動産業や攜帯業界などが何故高収入なのかというと、営業職であるからです。

営業の良いところは、は年齢に関係なく契約を取れば取るほど自分の利益になるという點です。

不動産業や攜帯業界以外に生命保険などもそうですが、ノルマがあるところは厳しい世界ではあります。

昔の名殘で営業はキツいというイメージですが、ノルマは多くのところで廃止になっています。

ITに関してはパソコンスキルが重視であるため、若年層の方が有利なのです。

今はパソコン必須の時代ですので、若い世代であることを武器にすれば、年収アップはいくらでも可能です。

まとめ

學歴はある方が良いのは間違いないです。

大學や専門學校を卒業された方を欲しがる企業が多いため、現在自分は何をしたいのか不透明な方もいるとは思いますが、余裕がある人は大學や専門學校に行っておいて損はないです。

今は就職難の時代でもあるため、高卒程度では入れる企業が少ないというのだけは頭に置いておいておきましょう。

この記事からも分かるように、20歳~23歳の給與は、業種や職種だけでなく學歴に大きく左右されます。

そのことを考慮した上で、自身がどのようなキャリア形成を行っていくのか、今一度見つめなおしてみて下さい。

最終更新日:2019年10月25日

関連記事

37歳?38歳?39歳の平均年収。手取り?中央値?男性女性別?大卒高卒など學齢別にも解説

仕事の対価としていただけるお給料。一般的には年齢や経験に比例して収入は上がっていくものです。業種や會社によって多少のばらつきはあるものの、同世代がどのくらいの年収なのかはやはり気になるのではないでしょうか。今回は働き盛りの30代後半、つまり37歳、38歳、39歳のお給料事情について迫ってみましょう。37歳?38歳?39歳の平均年収と手取りは、それぞれいくら?37歳?38歳?39歳と言えば、會社の中でもちょうど中堅。企業內であれば係長へ昇進する人もこの年齢から現れます。昇進して責任は重くなる一方、お給料にもしっかりと反映され、年収が上がってくるのもこの年齢です。平均年収と手取り額の平均をそれぞれ

34歳?35歳?36歳の平均年収。手取り?中央値?男性女性別?大卒高卒など學齢別にも解説

社會人になって、がむしゃらに仕事をこなし気づけば30代半ば。同年代はどのくらいの収入があるのか、自分の収入は平均と比べ高いのか低いのか気になりませんか?今回は、34歳?35歳?36歳の平均年収から手取り額、収入の中央値や男性女性別、大卒高卒など學齢別まで徹底的に解説していきたいと思います。 34歳?35歳?36歳の平均年収と手取りは、それぞれいくら?まず、34歳のモデル平均年収は459萬円で、 35歳のモデル平均年収は465萬円、36歳のモデル平均年収は474萬円です。それぞれの手取り額を計算すると34歳の年収手取り額は約361萬円、35歳の年収手取り額は約365萬円、36歳の年収手取り額は約

30歳、31歳、32歳、33歳の平均年収。手取り?中央値?男性女性別?大卒高卒など學齢別にも解説

30代前半の年収について、年齢ごとの平均年収や中央値、年収分布、都道府県別ランキング、雇用形態別?學歴別?職種別平均年収、生活レベル、年収アップの方法、年収の高い企業などをご紹介します。30歳、31歳、32歳、33歳の平均年収と手取りは、それぞれいくら?30歳~33歳の年齢ごとの平均年収と手取り額をご紹介します。この項目では、大手転職?求人サイトのdodaの「平均年収ランキング 最新版【年齢別】」を參考にしています。年齢ごとの平均年収年齢ごとの平均年収は以下の通りです。30歳の平均年収:414萬円31歳の平均年収:429萬円32歳の平均年収:439萬円33歳の平均年収:451萬円※なお、賃金構

表示準備中

暖暖日本在线观看高清中文-暖暖视频 高清 日本
富锦市| 花莲县| 塔河县| 洛南县| 逊克县| 耒阳市| 丹棱县| 黄陵县| 文昌市| 天峨县| 田林县| 栾川县| 郎溪县| 安徽省| 靖宇县| 雅江县| 鲁山县| 丹江口市| 彭泽县| 灌阳县| 会昌县| 科技| 茌平县| 高邑县|